メッキ強度・溶接強度が向上

酸洗いは新たな汚れの発生を防ぐ効果もある

酸洗いは金属製品の表面に付着しているサビや水垢などの汚れを溶解させる作業です。金属製品は汚れが付いている部分から劣化が進む性質があるので、酸洗いは金属製品の耐久性を保つのに不可欠です。また、表面を綺麗にすると同時に皮膜を形成して新たな汚れの発生を防ぐ効果もあります。汚れが付いたままメッキや溶接を行うと、汚れの部分が浮き上がって剥がれてしまうおそれがあるので、綺麗な状態の保持が必要です。酸洗いは金属製品の汚れを取り除き、新たな汚れの発生を防ぐことから状態の良い加工を施すことが可能になります。酸洗いに使う薬剤は強酸性なので扱いは慎重に行う必要がある他、廃液の処理も正しい手順で行わないと事故や環境破壊に繋がるので注意します。

メッキや溶接の作業効率向上に役立つ酸洗いの方法

酸洗いによる金属製品の洗浄はメッキや溶接の作業効率を向上させる効果があります。予め酸洗いによる皮膜形成を施すことによって、溶接作業で発生する熱垢やサビの飛散を防ぐことが可能です。メッキ作業についても皮膜が形成されていれば薬剤が飛散しても金属製品に余計な傷が生じる心配がありません。酸洗いによる金属製品の保護は耐久性の向上に必須ですが、その一方で金属製品の材質に適した薬剤を使うことが重要になります。作業方法についても加工作業を施す面だけを洗浄するか、製品全体を洗浄するかで効果が変わるので事前の入念な計画が不可欠です。酸洗いの後は余分な薬剤を取り除いて皮膜が綺麗に形成されるように促すのが後の加工作業を容易に行うための工夫になります。