排水処理設備と排気処理設備が必要

酸洗いはこのようにして行われる

酸性の溶液を使って金属表面の酸化物などを洗浄する処理のことを「酸洗い」といいます。金属に熱処理などをすると、その表面にはスケール(酸化物)や酸化皮膜、サビなどができます。これらはメッキ加工の際の不具合(密着不良)につながったり、チタンに光沢が生まれない原因になったりするので、取り除かなくていけません。そこで行われるのが酸洗いです。塩酸や硫酸などの酸性溶液に金属を漬けて、表面にできた酸化物などを洗浄・除去します。酸の種類や混合比、濃度、時間などは金属に合わせて設定しなければいけません。説定を誤ると酸洗いの効果が出ないばかりか、金属の表面が荒れたり、それ自体が溶けて無くなったりすることも起こり得るからです。そのため正しく設定することが求められます。

配慮し正しく処理しなければならない

酸洗いは金属加工に必要不可欠な工程です。しかし、これによって生じる排水や排気には有害なものも含まれているため、作業者の健康や近隣・自然の環境を考え、きちんと処理しなくてはいけません。前述したように酸洗いには塩酸や硫酸などが多く使われ、これらの強酸性の溶液には有毒ガスが発生する危険や刺激臭の問題があるため、工場などで処理をおこなう場合、高性能の換気設備や有毒ガスを吸着する装置、局所排気装置などが必要です。また、排水も強い刺激性を持っているため、そのまま下水に流すことはできません。下水の配管を傷める原因になったり、配管を破損したうえに周囲の土壌も汚染したりするなどのトラブルに発展する恐れがあるからです。そうならないために、排水を中和したり含まれる汚物をフィルターでこし取ったりする排水処理設備が必要になります。

めっき加工をはじめとする金属表面処理は製品の劣化予防が主な目的です。薬剤による皮膜で表面を覆うことにより、サビや傷の発生を防ぐ効果が得られます。また、ツヤを出して見栄えを良くするのも目的の一つです。