メッキや金属加工の前には酸洗いが行われます。特にメッキの前処理として、酸洗いは欠かせない作業になっています。ここでは、なぜ酸洗いが必要でどの様な効果があるのかを説明し、また酸洗いを行うにあたっての注意点も解説します。

なぜ酸洗いが必要なのかと効果について

金属表面の酸化被膜を除去

Learn more

メッキ強度・溶接強度が向上

Learn more

酸洗いを行う上での注意点

特定設備の届け出と許可が必要

Learn more

排水処理設備と排気処理設備が必要

Learn more

作業者の健康診断について

Learn more

エッチングとは何か?その効果は?

酢洗い処理の方法について

酢洗いは、金属製品を酸性の溶液に浸し、表面についているサビなどの酸化化合物を取りのぞく処理方法です。使用される溶液は、おもに劇薬である塩酸や硫酸などです。酢洗いをすることで、金属の表面は加工しやすくなり、通常なら行うはずの研磨作業を省くことができるので、経済的にも負担が減ります。酢洗いを塗装やメッキなどの下処理として行うことで、金属についた水垢などが無くなり、メッキの際の塗料がきれいに密着します。また酸に漬けると、アルカリ皮膜などを除去し金属の表面が活性化します。表面被膜を再形成し、金属の表面に錆びに強い層をつくるのです。酢洗い処理を行うことで、このような利点が生まれ、また、作業工程の短縮ができます。

エッチング加工とは何か

エッチングとは、酸性の薬品に金属をつけることで、防錆などの表面処理を行うことです。金属が酸性の液体によって溶けることを利用しています。酢洗いとエッチングの違いは何でしょうか。酢洗いは、強い酸を使って金属の余分な錆びなどを除き、きれいにすることです。エッチングは、酸性の化学薬品などを使った表面加工を意味しています。エッチングは、まず、表面に酸の影響をうけない防食層をつくっておきます。次に、加工のイメージに合うように防食層をはがし、その部分を腐食させていきます。腐食させた所は削れていき、腐食されなかった所は平らなまま残ります。このように、腐食させることによって金属の表面を加工できるのです。エッチングのメリットは、高価な治具がいらず高精度な加工が実現できることです。

酸洗いとはどのようなものか

酸洗いは、金属の表面を洗浄することを目的に行われます。メッキや塗装前に行うことで、表面の油分が除去され金属面が露出し、塗料がより密着する効果が得られます。